セルフジャッジ

セルフジャッジは良くないシステムである。
何故なら、ボールを見る角度によっても変わるし
動きながら見ると正確に見れなかったりするからである。

ましてや多数決ではない。相手側の一方的なジャッジのみ。
足元でバウンドするボールのジャッジは間違うこともある。

ベテランだからといって正確なジャッジができるとは限らない。
初心者だから間違っているって事でもない。
その時のポジションと自分の動きによって見え方が変わる。

以下はダブルスのゲーム中、実際にあった話。

クロスで飛んできたボールがサイドライン内側にバウンドした。
明らかにイン。ラインさえも踏んでいない。誰が見てもイン。

そのボールに走りながら取りに行ったAさんは
ボールがバウンドした位置から50pぐらいの近い所で見ていた。
そして判定はアウト!自分の判定を全く疑っていない。

この時、残り3人はびっくりして異議を唱えた。
納得していなかったAさんだったが、3対1だったので最後は折れた。

それでもAさんは納得していなかった。自分が正しいと思っていた。
Aさんには明らかなアウトに見えたんだろう。

これは仕方が無いことである。動きながらのジャッジは難しい。
プロの審判でも、明らかな誤審をするのに、ましてやプレー中に
動きながら正確なジャッジを求めるのは酷な話だ。

「ボールに近い方が決める」なんて堅い事を言わないで
遊びのゲームなんだから、多数決で決めればいい。
どっちか迷っていたら、自信がある人の意見を尊重すべき。

意見が分かれたらやり直せばいい。
「ボールに近いから正しい」って決めつけるのは良くない。

こんなこともあった。セカンドサーブでボールがラインに乗って
ありえないようなバウンドをしたので、サーバーもレシーバーも
びっくりした。なんとかリターンしてゲームが続くかと思ったら
「フォールト」のコール。これは良いとして…

さらに、こんなこともあった。フラット系のファーストサーブで
ボールがラインに乗って滑ってきた。レシーバーは「ナイスサーブ」
と負けを認めているのに「フォールト」のコール。

勇気を持って「間違いました!」って言ってくれるか
「あれ?間違ってた?」ってみんなの意見を聞けばいいのに。

サーバー側の前衛が、サービスエースに対して「ナイスサーブ」って
言ったら「レシーバー側がジャッジする前に言ってはいけない」って
言う人がいたが、そんな堅いこと言わなくてもいいのに。

ルールを守らなければいけないのは分かっているけど
ローカルルールがあってもいい。GAB OFFでは多数決を採用したい。

基本は「どっちか迷ったら、相手に有利に!」でしょ?

2015年2月7日 Copyright@Gab

ホームに戻る