ダブルスにおけるサーブの役割

「サーブが入らないとゲームは始まらない」
「サービスエースを取る必要はない」
「絶対にダブルフォールトしてはいけない」
「楽しむ為には、とりあえずサーブを入れなさい」
テニス歴の長い人の意見を集約すると、こんな感じ。

確かにその通りだと思う。上手な人はミスをしない。
ハードヒットとかではなく、確実に決める。
上手な人とやると、知らないうちに負けている。
テニスにおいて最も大切なのはミスしないこと。

以上はテニスの一般論で、反論の余地は無いように思うが
ここでひとつ問題提起してみる。

プロはダブルスの時、サービスエースを狙わない?
中央にスピンサーブしか打たないのか?

プロと素人を比べるのはおかしいかもしれないが
だとしたら、リターンエースも狙ったらいけないのか?

「ダブルスの楽しみはラリーを続けること」って言う人がいた。
では、何回目からポイントを取るショットを打っていいのか?

続けようと思うなら何回でもラリーを続けられる人もいる。
ワンポイント決めるまで、20ショット以上なら楽しいのか?
サーブとリターン、ボレーだけで決まったら楽しくないのか?

ミスしないように、とりあえず相手のコートに返すだけのテニスが
面白いと言うなら、ラリー練習だけしていればいいように思う。

人それぞれ得意分野があって、それがボレーだったり
サーブだったりする。ラリーが楽しいって言って、ストロークが
得意な人に対して守っているばかりでは絶対に勝てない。

最近シングルスを始めたので、勝ちたいと思う意欲が湧いてきた。
だからかもしれないが、攻撃的で積極的なテニスがしたい。

「ダブルスは相手がいるんだから、とりあえず入れときなさい」
っていう意見には、どうしても納得できない。
相手がいるからこそ、負けないように積極的なテニスをする方が
楽しいし、相手(同じペア)も喜ぶと思うんだけど。

また、「女性には強いサーブを打つな」って言う人もいた。
でも、明らかに自分より上手な相手に手を抜く意味が分からない。

明らかにレベル差がある場合以外は、楽しむためにも全力で戦って
その結果で勝てば嬉しいし、負けても清々しい。

ベテランの方がこんなことを言っていた。
「手加減するのは相手に失礼だよ」確かにその通りだと思う。

楽しむためのテニスが目的だから「勝敗に拘るな」と言うなら
ゲームではなく、練習だけしてればいいんじゃないのかなあ。

但し、勝敗だけに異常に拘り過ぎる人は別。負けると怒ったり
怒鳴ったり、ふてくされたりする人がいるのにはビックリした。

反論もたくさんあるかと思います。間違っているかもしれません。
ダブルス歴2年、初心者のたわごとだと思って聞き流してください。

2014年12月11日 Copyright@Gab

ホームに戻る