テニスの雨天中止の判断


中止の判断は、コートの運営者が行う。
プレーする人が勝手に決めることは出来ない。

今いる場所が雨でもコート周辺は晴れている場合がある。
晴れていても水が溜まっていたり、風が強くて使えない
場合もある。6面中1面だけが使えない庭球場もある。

「他に予定を立てたいので早く中止してくれ!」
「晴れてきたのに、どうして中止するんだ!」
正反対の意見があり、テニス主催者は困ってしまう。

しかし、ここで躊躇してはいけない。
コート運営者に随時確認して、ペナルティが掛からない
中止ならば、即座に中止すべきである。

コートが濡れているとケガをする危険がある。
ボールが雨で重くなると、テニスエルボーになる。
私レベルの初中級だと特に危険!ケガだけは要注意!!

コートに着いた途端、雨が降ってきて中止ってパターンが
一番悔しい。風が強くてトスが上がらない。楽しくない。
過去に何度か苦い経験がある。テニスは楽しむもの。
ゲガなしで、楽しいテニス!

ホームに戻る